バファリンよりも効く生理痛薬

あの有名な鎮痛薬バファリンよりももっと効果的な生理痛薬があるんです

生理痛や終わらない生理で悩んでいるなら

生理がくると生理痛で悩むという女性も多いのですが、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気、むくみ、腹痛、便秘などといった症状が代表的です。また、生理が始まる前にも不快な症状が出ることがあります。そのような症状は多くの女性に出るものなのですが、症状が酷くで日常生活に支障をきたす場合は専門の医師に相談してみると良いでしょう。生理痛の治療にはどんなものがあるのかについて気になっている人もいるかもしれません。まずは検査をして生理痛の原因を調べることになりますが、子宮筋腫や宮内膜症など病気があれば治療を行うことになります。病気がない生理痛には鎮痛薬や漢方薬、ホルモン剤などが処方されます。生理の出血量は50~180gだと正常と言われており、二時間に一度ナプキンを交換する程度なら問題ないでしょう。しかし、夜用のナプキンをしても漏れる場合や貧血気味になってしまう場合などは、何か異常があるかもしれません。また、生理が10日以上終わらない場合は医師による診断を受けると良いでしょう。ストレスは女性ホルモンの分泌に影響を与えるため、それによって生理が長引いたりしてしまうことがあります。また、ホルモンバランスが乱れたままだと妊娠しにくくなることもありますし、更年期のような症状が早く出たり、骨粗しょう症になったりしてしまうこともあるので注意しましょう。ストレスを解消しても生理がなかなか終わらない時や、ストレスの原因が分からない場合は病院を受診するのがオススメです。生理が終わらない場合には、いくつかの原因が考えられます。子宮内膜が子宮以外の場所で増殖する子宮内膜症や、子宮内膜が子宮筋層に入り込む子宮線筋症、子宮筋腫などといったものがよく知られています。